火事といいますと、家が燃えてしまって何もかも失ってしまったり、場合によっては人が死んでしまうような事故が起こったりするようなものです。

放火というのも重大な犯罪であり、はっきりといってしまえばいいイメージのないもんだといえます。

舵というのはできれば避けたいものではありますが、夢占いの観点からだと火事というのはどんなふうにとらえられているのでしょうか?

火事が表わす大まかな夢について

火事の夢を見た時には、大まかに以下の3つのことが中心にあげられます。

一つは火事そのものがあなたの感情を示している場合です。

萌えていることそのものがあなたの感情的な部分を表していることがあります。 かなり激しい感情であり、あなたの怒りや悲しみなどかなり強い時に出ることがあるようです。

その他にも、あなたが安易か興味があったり行為がある人に対して何らかの感情を示しているということもあります。

二つ目は、やはり悪いイメージです。

火事については、次に語りますがいい夢という面も強いですが、状況によっては悪い音が起こる前兆です。

火事のイメージそのものですが、どんな夢を見たのかをしっかりと覚えておいて対策を立てていくことをお勧めしたいです。

三つ目は意外にも吉兆を表すものです。火事というのは色々なものを失いはしますが新しく何かを得ることも暗示しています。

火事の内容によっては運気が好転し、いいことが起こったり、悪い縁が切れるようなことがありますのでとてもいい夢だといえます。

基本としてはこのような感じなのですが、具体的にどんな時にどんなことを示しているのかを見てみましょう。

火事の感情を表す夢について

火事が消えない場合

家事が消えてくれない夢というのは、あなたの感情がかなりもやもやしている状況が続いているときに見るものです。

長い間何か家庭内や友人間などでトラブルを抱えており、解決ができないで状況が続いているのではないかと思います。

こういったときには、解決のために相談をしてみたり、ゆったりとできるような場所を見つけてリラックスすることを心がけてください。

火事から逃げているとき

家事から逃げているという夢を見ているときには、悪い夢であるといわれています。

現実に何かつらいようなことがあったりしており、そこから逃げ出したいという感情を示してはいますが逃げてばかりではいけません。

現実的にどのようにすれば問題を解決できるのかを模索し、それに向かって努力していくことによって新しいことを目指していかなくてはなりません。

火事を消そうとしているとき

火事を消そうとしているときには、自分の感情を抑えようとしていることを示しています。

ダイエット中や節約中など、自分の欲望を抑えているような状況がある時に現れやすいようです。 

少しくらいは欲求を満たしてあげた方がいいでしょう。

状況をうまく乗り越えれば、好転する可能性もあります。

救急車や消防車を火事の現場で見る夢占い

この夢の場合には、自分は頑張っているのだけど助けてもらえなくて、苦しんでいることをあらわしています。

サイレンの音自体が、あなたが救援を求めていることを示しているものでありますので、何か悩みを抱えていることがあると思います。

周囲に相談に乗ってくれる人もいることも暗示していますので、そのひとに助けを求めるのもいいでしょう。

悪い夢の場合

黒い煙が出ているとき

黒い煙というのは基本的に悪いことが起こる前兆です。

運気が下降気味であることを示していますので、仕事中に普段はしないミスをしたり、身近な人と喧嘩や別れなどといったトラブルが起きやすくなっています。

こういったときには、できれば悪いことを避けるように慎重に行動をしてください。

甘い話などに引っかかったりもするようなことをもありますので、注意しましょう。

ボヤレベルだとあんまりいい夢ではない

家事でもボヤ程度なら現実ではいいでしょうが、夢占いではあまりいい夢ではありません。

感情的にも燃え上がるようなものもなく、運勢も燃え尽きてしまいがちな状況です。 

あまりいいことが起きにくくなってしまうことになりますので、注意が必要です。

火事の場所が水回りだと危険

火事で燃えているところがトイレやお風呂など水回りがある場所だと悪い状況だといわれています。

水がある場所というのは、せっかくの感情が高ぶっていたりいい状況が出るだろうというところに、火を消してしまうというようなことを示しています。

運気の停滞やせっかくのやる気がなくなってしまったりと、悪いことが起きてしまうので注意が必要です。

お金の面でも悪いことを示しているようです。

吉兆の夢の場合

激しく燃えている場合はいい夢の可能性が高い

家事で激しく燃えていると、基本的にはいいことが起こるであろう吉兆であります。

現実では激しく燃えることはまずいのですが、夢の場合ですと大きな好転があることを示しており、かなりいい夢を見ているのです。

燃えている建物によって意味合いも異なる

建物によってもいい意味があったりする理由も変わります。

職場や上司の家が燃えることですと、悪い縁が切れて新しい環境に向かうのにとてもいい環境であるということを示したいます。心機一転、新しいところで働いていくようにしましょう。

彼女の家が燃えているような場合には、関係性がよりよい方向に進呈していく可能性を示しています。

恋人から結婚へと話が具体的に進む確率もありますので、彼女との関係性を大切にしましょう。

デパートなどの公共施設が燃えているときには、新しい恋と出会う可能性があります。積極的にお出かけをしてパートナーを探してみましょう。

白い煙も良いことが起こる前兆

白い煙の場合も、吉兆を示しているといわれています。

今まで感じていた不安や問題となっていたことがゆっくりと解消されて行くことを暗示しています。

安心して日々を過ごしていいので、じっくりと毎日を過ごしてみるといいでしょう。 

恋愛面でも好転する夢だといわれています。

火事で死んだり、火だるまになっている人を見た

火事で死んだり、燃えている人を見ていてもいいことがないように思いがちですが、いい夢だというのはご存知でしょうか?

死というのは実は再生を意味しており、これまでとは違ったいいことが起こったり変化を及ぼすことを示しています。

火だるまの人を見るのも、急にお金がいっぱい手に入るなど臨時ボーナス的なものが転がってくることを示しているようです。

人助けをしたときもやはりいいことである

火事現場で人助けをするという勇気のある方法というのは、その分報酬があってもしかるべき行為だと思います。

それ故、夢としても何か自分自身にいいことがあるという吉兆を暗示しています。 

出世、恋愛成就、報酬の獲得など良いことおこります。

火事には悪い意味よりもいい夢が多い 

火事には以外にもいい夢というのは多いものです。

火事だからといって悪いことばかりでは夢占いではありません。

自分の感情や自分の周りで何か大きな変化があったりするようなことがあるかもしれませんので、自分自身のことを見つめつつ、周りとの付き合い方を考えてみるといいでしょう。