MENU

カラコンのトラブル回避のため眼科へ行きましょう

カラコンの魅力

カラコンは今や若い世代を中心にオシャレやファッションの必須アイテム。もともとコンタクトは視力の補正用として目の悪い人が使用するものでしたが、カラコンをつけるだけで目の印象しいては顔の印象もかなり変わるため、現在では視力の良しあしに関わらず「盛れる」便利なアイテムとなっています。芸能人やモデルさんにも愛用者が多く、もはやカラコンなしでは人前に出れないという人もいるとか。色やデザインのバリエーションが増えたこと、どんどん安い価格のカラコンが増えてきていることも、使う人が増えた魅力の一つです。

 

カラコンのデメリットとは

オシャレのアイテムとして使用している人も多いカラコンですが、目に直接付けるものですから当然十分な知識や正しいケアが必要です。しかしカラコンには、誤った使い方や不十分なケアにより、目のトラブルを引き起こすデメリットがあることを知っておかなければなりません。特に長時間使用していたり、あまりにも安い質の悪いカラコンの使用は大変危険です。カラコトを使用する場合、通常のコンタクトと同様にまずは気を付けなければならないのが正しいお手入れ法です。専用の洗浄液や保存液を使うことはもちろん、レンズケースも清潔にしておく必要があります。そして使い方も重要です。カラコンを付けたまま寝てしまったり、何日も付けっぱなしにしたり、中にはカラコンを友達と使いまわしているという人はいませんか?目はとってもデリケート。正しく手入れをして正しく使用しないと、目の充血や目やに、角膜障害、最悪の場合には失明を引き起こす危険性があります。

 

カラコンが危険な理由は

カラコンはコンタクトレンズですから、本来眼科の医師の診察を受けて購入するのが望ましいものです。しかし実際はネットなどで手軽に購入できたり処方箋が無くても購入できるため、トラブルが多いのも事実です。カラコンの危険性は、「酸素透過性の低さ」と低質なカラコンによる「色落ち」です。目は常に呼吸しているので、コンタクトレンズを付けた時に酸素を通すことが必要です。しかしカラコンには酸素透過性が低いものも多く、長時間使用すると角膜に傷がついたり充血や感染症の原因となります。また質の悪いカラコンには色落ちが認められ、目を傷つけるだけでなく目に色素が付着してしまうこともあるのです。

 

カラコン使用には眼科の検査と定期検診を

カラコンは眼科で診察を受けなくても購入することができますが、トラブルを回避し自分の目を守るために眼科の検査を受けてからの購入をおすすめします。自分の目に合った安全性の高いカラコンを購入することができるからです。また通常のコンタクトと同様に、目の健康のために定期検診もおすすめです。

このページの先頭へ